ようこそ地場エネルギーへ。自分の家をパワースポットにすれば、人生はもっと楽しい!幸せの秘訣は住まいにあり!
◆新着情報
◆すべては水から
◆浄化生活
◆活水器・還元
◆活水器・還元設置例
◆活水器・還元体験談
◆活水器・還元Q&A
◆地場修正とは
◆地場修正の説明
◆地場修正例:入野谷
◆地場修正例:幼稚園
◆住まいの地場をチェック
◆医王素:土地を浄化
◆竹炭:敷炭で快適調湿
◆農地改善
◆家庭菜園・ガーデニング
◆ゼロ磁場ベッド
◆ゼロ磁場ベッド脳波実験
◆ゼロ磁場ベッド体験談
◆サロンでベッド体験
◆ご先祖供養・墓地浄化
◆ブログ
◆無料メルマガ登録
◆リンク

ゼロ磁場ベッド体験談

お客様の声

ゼロ磁場ベッドを体験されたお客様の声を集めました!



I様 女性

「うん、何、これは・・・」全身が(特に右足)しびれてる痛いような、ムズ痒いような 感じはなんなのかしら。でも地場癒で確かに癒されていることは分かりました。実は、私は忘れもしない3年前に都内の某デパートで足をすべらせて階段(上から7段目)から落ちてケガをいたしました。病院に通い治ったつもりでしたが、身体はウソをつきませんね。本当は完治していなかったのです。1回目、2回目と地場癒に通ううちにどんどんよくなることを体験いたしました。


S様 男性

寝転がりすぐに背中を中心にじわーっと心地良い温もりを感じました。私は、約45分の体験をさせて頂きましが、とに違和感なくリラックスさせて頂きました。後半背中{肩甲骨}を中心に筋肉がほぐれて行くのを感じ、体全体の力が抜けストレスから開放されていくのが実感できました。気持ちよくすべてを忘れて瞑想させていただきました。終わった後、立ち上がったとき頭の中重力感がなくなりすっきりとし、すべてが軽くなった感じの体験をいたしました。過去に他社の岩盤浴を体験いたしましたが、それとは、まったく違ったすばらしい体験でした。是非もう一度体験したい気持ちです。

なお、のち6日間ぐらいは、とっても楽に過ごせました。すばらしい効果のあるベットだと思いました。 感謝


歯科医師 44歳 男性

ベッドに寝てみると、ヒーターによりほんわかと暖かくなっています。真っ先に手のひらと足の裏がビリビリ反応しだしました。それから、数分すると、尾てい骨(第1チャクラ)のところに眠っているクンダリーニー(インドのサンスクリット語で、「とぐろを巻くもの」という意味の言葉です。これは、大地のエネルギーとも生命力の根源的なエネルギーともいわれており、古来からこのクンダリーニの覚醒によって、超能力や潜在能力が覚醒するといわれています:アクアライトプロジェクトさんからお借りしました文章です)のエネルギーがスシュムナ(背骨の中にあるエネルギーの通り道)の中をらせん状に上がったり下がったりしだしました。クンダリーニのエネルギーは昇華(頭頂のチャクラを突き抜けること)はしませんでしたが、いつ昇華して気絶するかと思うと怖くて、逆にセーブしてしまうぐらいでした。それからしばらくすると、今度は全身がグルングルンと回りだす様な感じになりました。幽体離脱する直前の感じに似ています。ここまでで45分間です。明らかにスシュムナの流れが良くなり、全部チャクラが啓いていくのを感じました。


治療師 44歳 男性

右の首が治れば左。良くなったと思って油断をしていたら今度は右腕が痛い。七月にやられたむち打ちに悩んでいるところへ、三十年来の親友で治療家仲間のM君から電話がありゼロ磁場ベッドの話を聞いたとき、ゼロ磁場なんてもう何年も前にわざわざ長野県の長谷村というところまで出向いて体験済みなのにまだ懲りないのかと思った。しかし、長谷村の「妙水」という温泉のことは忘れられず、その「妙水」の会社がゼロ磁場ベッドを作ったと聞いて少し興味が湧いた。あの時探しに探したけれど見つからなかった会社だったからだと思う。彼の話では、むち打ちの痛みなんかあのベッドに乗れば治るというのだ。ベッドに乗るだけで治ったら商売あがったりだと思った。横浜のMI先生のところのT君の腰がそのベッドに三回乗ったら治ったということだったが、そのときはどうせそんなものは低周波をかけても治るくらいのものだったのだろうとたかをくくっていた。

MI先生のお宅へ押しかけて貴重な治療とゼロ磁場ベッドを体験したときは、ふーんという感じだった。次の日に痛みが少し戻ったので、市ヶ谷の事務所へ行ってみることにした。事務所では水島先生と沢井さんにいろいろと説明を受けたが、こっちは何しろ腕が治ればよかったのでひたすらベッドに寝ていて、もういいでしょうと言われて起きたときには腕がさらに良くなっているような不思議な感じがした。

(中略)

次の日、腕は完治していた。Mも私も、ベッドを購入することにためらいはなかった。彼はともかく、私の場合は妻を説得するのが大変だと思った。彼女はブラジルで医師をしていたので、職業柄、科学的でないことはまったくと言っていいほど受け付けなかった。だが、幸か不幸か、このところ左腕が痛いと言っていたし、仕事場が四谷で地場エネルギー研究所の近くだったので、凄いベッドがあるから一度体験してみないかとおそるおそる勧めてみた。根拠がない、納得いかない、と言いながらも妻も二回で治った。

Mが沢井さんを連れて我が家にきたのは八月の終わりで、その頃にはくすぶっていた首の痛みもほとんど完治していた。それはまるで線路の上を走る電車のようにあらかじめ敷かれた軌道の上を通って終点まできたという印象だった。

(中略)

ゼロ磁場ベッドのほうは悪い波動のエネルギーを取ってくれるようで、今までの治療に組み合わせて使っているが治療効果は良好である。

祖父の代から我が家にはいろいろな「事件」が起こってきたが、これも今となっては地場が悪いせいだと断言できる。いずれ金が貯まったら実家の地場修正にも挑戦してみたい。


Healing Salon Wonderful Awakeのお客様 20歳 男性

千葉県松戸市のHealing Salon Wonderful Awakeへのリンク

ベッドに横になった瞬間に、エネルギーを感じました。「な〜に!?この感触は。。。」と驚くと同時に、とても精妙な振動が体の中心から全体へ広がっていきました。15分ほどの体験でしたが、心身共にとても癒されました。


Healing Salon Wonderful Awakeのお客様 女性

岩盤浴を約50分間体験しました。横になるととてもほんわかとした温かさに直ぐに全身がくつろいでいきました。そして、その何ともいえない心地良さにいつの間にかぐっすりと寝てしまいました。起きた後は気分がスッキリして体が軽くなっているのがわかりました。


T様  72歳 男性

私は昭和9年1月生まれの72歳の男子です。ちなみに小生の病歴を下記いたします。

1.2001年1月 (67歳)心臓冠状動脈バイパス手術を行う(入院2ヶ月)
2.2003年4月 (69歳)右眼網膜出血(第一回)(通院20日)
3.2003年4月 左顎下より左頬部に帯状疱疹(ヘルペス)(通院1ヶ月)
4.2003年5月 大量出血 4回/5日間 血圧60に低下(緊急入院1ヶ月)
5.2003年7月 小児性急性肺炎(マイコプラズマ)(緊急入院15日)
6.2003年8月 右眼出血(第二回)9月に手術(入院2週間)
7.2003年10月 右眼網膜剥離併発(緊急入院2週間)
8.2003年11月 左右両眼白内障手術(入院10日)
9.2005年11月 (71歳) 左眼出血・網膜剥離併発(緊急入院20日)
10.2006年2月 (72歳) 鼻孔出血 (病院、専門医各3回通院)

以上、5ヵ年猶予にわたり出血に関する病気ばかりに見舞われた次第です。

小生の総合判断として心臓バイパス手術による薬害後遺症だと結論づけております。

つまり心筋梗塞を防ぐ為に調合される薬剤としては

@高血圧を下げる A血管を広げる B血液をサラサラにする Cコレステロールの値をさげるため の効能を目的として、病院によりパイパス手術を5年以上にわたりずっと投与されてまいりましたが、本年に入りまたまた鼻血が出だしました。いつもの病院で処置をしていただき、電気メスで鼻腔内の出血箇所を焼いてもらい、「これでなおりました。明日よりこないでよろしい。」と言われた翌日より出血です。やむを得ず、今度は耳鼻咽喉専門医を訪ね、同様の処置をしていただき「治りました。もうこなくてよろしい。」と言われたその翌日よりまたまた出血です。

(中略)

今回、「ゼロ磁場ベッド」のご案内をうけた次第です。このベッドに横たわる。約40分、温かい状態、一向に汗は出ませんし、心地よい気分になり、つい眠気をもよおすゆったりした寝心地を楽しんだというのが実感でしょうか。

それが午後2時頃でした。そして夜8時自宅に帰って風呂に入り、上がり際に顔を洗う習慣があるのですが、その際必ず出ていた鼻血が全然出ないではありませんか。更に翌朝、洗顔時も出ていた鼻血が全然出ないのです。これには感心いたしました。そして、それ以後、ピッタリと鼻血はでなくなっています。

専門医より「もう治りました。もうこなくてよいですよ」といわれた翌日昼食時にちり紙を5,6枚も使うほど、出血したときは「もうダメだ!」と思ったものでしたが、それ以来早一ヶ月以上も経過しますが全然出血はないのです。原因は「ゼロ磁場ベッド」に40分くらい横になった事以外考えられません。過去において東大地震研究所におられた川田薫博士より「地球には地電流が流れており、自然界、生体への関わりを研究されている」と聞いていたのですが、小生なりに地電流と動・植物各生体への関わりがこの「ゼロ磁場」を媒体として調整されることにより、生体内部の各細胞や各器官各々の患部にその不具合を正常化させるなんらかの機能を持たしているのではないかと勝手に評価させていただいている次第であります。

このベッドを発明された水島先生に対し深く感謝申し上げますと同時に、広く大衆の生活に利用され喜ばれるのではないかと確信致した次第であります。

水島先生の益々のご活躍とご発展を切に祈り上げお礼させて頂きます。ありがとう御座いました。合掌。 



UP

   Copyrights 2009 , 地場エネルギー